アトモスフィア七十九の双盃

アトモスフィア(atmosphere)とは空気のことじゃなくて雰囲気のこと 日記じゃなく雑記を書き79記事ぐらい続けられれば祝杯

無題のガジェット

周囲から電話が繋がらないと責められる日々、
アトです。こんにちは。

 

 

 

 

【これまで】

2017年4月6日、スマートフォンの電源ボタンが陥没。
機種はXperiaのZ Ultra。

翌々日、充電切れ。俗にいう文鎮化だ。

 

1,2週間くらい試行錯誤。事態は変わらず。

4月下旬、「スマホ 修理」でGoogle検索すると
1番に来る修理会社に発送。
(SIM入れたまま発送。送ってから気づく。)

この日から公衆電話生活が始まる。

 


5月中旬 業者から(実家に)電話が来る
『パーツが海外性だから輸入に時間が掛かる』
『遅くとも6月下旬になる』

6月中旬 業者に(公衆電話で)電話
新潟〜新宿区での料金は5秒で10円。
5秒で会話できるわけがない。。。
数十枚消費。

 

結果『修理不可』『2日後、送り返す』
『でも3000yen徴収する』

 

 

今は亡きソフマップ新潟店で
昨年(2016年)の10月上旬に買ったものだった。
(正確には静岡店?から取り寄せたもの)

店員さんが親身だったのを、今も憶えている。

 

 

【今後】
知り合いから
『スポーツDEPOだと修理できるかもしれない』
との情報を得る。
長岡にあるので、近々行く予定。