アトモスフィア七十九の双盃

アトモスフィア(atmosphere)とは空気のことじゃなくて雰囲気のこと

天気の話を振られて、うれしかった話。

見ず知らずの年配の方に、天気の話を振られた。

 

上手く返答できず終始どもった感じになり、

誤魔化した感じはあったが、

初対面かつすれ違うような、ほんの数分のことであり、

深手にはならなかった。

 

そして説明しづらいような新鮮さを感じた。

その新鮮さが、この記事が書かれる根っことなる。

 

 

 

天気の話というのは、

恐らく中高生のときの私なら食わず嫌いしそうな

内容の話である。

『必要性がない』とか言い出しそう。

 

今回、自分は上手く対応ができなかった。

そもそも天気の話の上手い対応って何だよ。

 自分でもツッコミどころが多い、所感である)

 

だが、私の職場にいる30代の方・40代の方なら

スラスラと流暢な会話ができたのでは?と思う。

 

 

…いやいや、自分が下手なだけだろう!

訓練しよう訓練。反復練習。

 

今後は新聞でもYahoo!天気でも、空を見上げるでも

ツバメの低飛行でもなんでもいいので、

天気に関心を持つことにしよう、

なんて思う。

 

 

 

そういえば

もうすぐ梅雨らしい。

 

あ、アトです。天気の話がニガテです。