アトモスフィア七十九の双盃

アトモスフィア(atmosphere)とは空気のことじゃなくて雰囲気のこと 日記じゃなく雑記を書き79記事ぐらい続けられれば祝杯

本を読め、という人間は信じられない

昨年 秋に使い始めたXperia Z ultraが
文鎮化&修理不可&修理不可(2回目)

で、もう諦めました。

 

代わりに換えたスマホは、REGZA PHONE(2012年発売)
買い替える度に古い機種になってゆく。

なぜか・・・

たぶん、数年後には
ポケベルorラーゼフォンを使ってるんじゃないか。

 

生きた化石、アトです。こんにちは。

 

 

 

 

本を読むメリットを伝える本はアカラサマだ。
題名がもう答えである。

 

速読・○○のススメ・必読100冊・デキる人は〜・20代のうちに etc

 

 

 

時として、

本を読む弊害について書かれたり、触れたりする本に
当たるときがある。

 


『本を読まない方が心が豊かになる。

 なぜなら〜(以下、説得力のある論理的なデータ)』

 

例えば、こんな文があったとする。

本を読まない人は、そもそも読まないので
この文に触れることがない。

言われなくても、やりました。
優等生だ。

 

だが、本を読む人がこの文を読むとどうなるか?
矛盾もしくはカリキュラム?効果が生じる。

結果、読むことに発車?がかかる。
劣等生だ。

 

 

そして、いくらデメリットを挙げたとしても、
『"それでも"本を読んだ方がいい』層が現れる。

 

ならば、
『"それでも"本を読まない方がいい』層というのも
もう少し現れても いい。

 

 

 

本を全く読まなかった人が、
ある1冊の本をきっかけに読み始めた・・・
というのがあるなら、

 

本の蟲が、ある1冊の本をきっかけに
突如読まなくなった・・・
というのも有り得そうである。

 

 

だが、その本に出会ってしまったら、
誰かにその情報を伝えられない可能性がある、

 

だから、探すのが困難なのだ。