アトモスフィア七十九の双盃

アトモスフィア(atmosphere)とは空気のことじゃなくて雰囲気のこと 179記事ぐらい続けられれば乾杯

『死去ネット』という名のペンギン

『検索してはいけない言葉』を知るのは好きですが、
実際に調べるはムリです。

アトです。グロ耐性ひくいです。
Black Market Bluesがカラオケで歌えない。

 

 

  

 

死去ネットというサイト。

http://sikyo.net

 

訃報をまとめているサイトは何件か存在する。

ウィキペディアでも、366件の日付記事には
すべて誕生日と忌日が載っている。ずらっと。

 

それでもこのサイト、死去ネットが他と違うのは掲示板の体を
なしていて、お線香とお花を添えられる点。

火葬?仮想、ヴァーチャル感がある。

 

登録数も多め。

歴史上の武将、競馬のお馬さん、動物園のゾウやらパンダまで。

 

 

 

ボカロPのsamfreeさん。故人。

ルカルカ★ナイトフィーバー、Gravity=Realityが代表曲。

2016年のおわりに、彼の作った東方アレンジ楽曲が
音ゲーに収録された。

 

命日は9月24日、
この日におすすめ楽曲になると予想。
(音ゲーjubeatで特有のシステム『おすすめ楽曲』。
日替わりで設定される。たとえば、バレンタインデーに
チョコレートに関する楽曲。
アーティストの誕生日やゴロあわせによるもの、など。)

BOOM BOOM SATELLITESフジファブリックもそうだったか。

 

 

 

はなしを戻す。

samfreeの東方アレンジ楽曲を歌っているひとは確か、かにぱん
といっても古い方。いさじとかタイツォンとか?
ぽこたとか、赤飯とか、ピコとかじゃない系統?

 

最近、歌い手にもステレオタイプがある。

パーカー、ふくめん、毒ガスのアレ(酸素ボンベのアレ?)、
マスク… みたいな。

垢抜けてない、どこかでアーティストとは真逆をつっぱしっている。
ああ、ファンも、彼らがアマチュアであればあるほど、
「あたすが応援ガンバらなきゃ!」っていうのはアル。

ホストやキャバクラと似ている。

 

 

 

 
美空ひばりや、岡田有希子尾崎豊
生前で歴史っぽく実感が弱い。

ZARDエビ中の女の子ならば、どんどん強まってゆく。

 

ネットがなかったら知り得なかった人。

そういう人に対して、残った人は彼らのお墓に参りたいか?

Twitterやらのアカウントが自分の場所だったなら、
死に場所はどこなんだ。

 

んでもって、死に場所って自分で作れないような。

そこが持続される保証ない。

 

 

 

まだコメントが付いてないページもある。
マイナーな人もいる。仕方が無いのか?

なので、偶然訪れたページでコメントがないとき、

虫の知らせというか、こういう出会いもあってもいいと考えた。

 

ファーストペンギン。

自分が書き込むと、呼応して声が集まる。

(実際 そう。最新のコメントという欄に現れるからだ)