アトモスフィア七十九の双盃

アトモスフィア(atmosphere)とは空気のことじゃなくて雰囲気のこと 日記じゃなく雑記を書き79記事ぐらい続けられれば祝杯

くだらない理由で、辞めたい

アトです。たつき監督、やめないで。

 

 

 

『辞める』といえば、多くは仕事か学校か?
学校だと転勤、病気。
大人になると、ことぶきする人も現れる。

(「やめる」だと、一旦やめるニュアンス。
「辞める」だと、生命活動を半永久的にClosed。深刻さが高まる)

 

 

 

 

最強の言葉、『一身上の都合』。

いっしんじょうのつごう。
イッシンジョウノツゴウ。
Isshinjo no Tsugo.

 

 

時として、理由が必要なこともある。
後付け、先付け、いい名付け。

 

 

話を脱線。

なにかの仕事論系サイト。
『昔の私(おそらくIT会社)は、部下とうまくゆかなかったが~』という
ナンバーの記事を読んだ。

 

ある部下は『実家の寺を継ぎます』といって
辞めた。

 

なのに、数年後。

ふとテレビを見たら、部下が映っている。
寺関係なく、ITの最先端のような役職を持って。

 

この部下は、嘘をついたのか?はたまた
嘘"は"ついてないのか(半年だけマジで寺った。)、
定かではない。しかし

 

この『継ぐのなら。仕方ないな』感。

不思議。

妙に納得してしまう。

 

 


くだらない。しょーもない。

みんながすぐ忘れるような理由で辞めたい。
(私は、辞めたい症候群ではない。
辞めたいと思えるときが来たら、
こんな気持ちで辞めたいと思っていたい。)

 


潔癖症なので、辞めます』

『口臭がキツく、感情労働がつらいので、辞めます』

『なんか、よくわかんないので、辞めます』

 

 

むずかしいだろうか?

 

そもそも『辞めること』が
くだらなくないからハードルが高い。

くだらなく無さすぎて、
人生オワタ\(^0^)/ とまで到達することがある。

 

 

人間いつかは辞める日がくる。

生まれてしまったからには、死に向かっているのと
同じように(おおげさ)、
それがちょっぱし早まっただけじゃないか!

 

 

 

そして、くだる理由で辞めるな。
特に病気。

 

一期一会・去る者は追わず、とか言ってらんない。
あまちゃん小泉今日子に同感。

 

 

 

全部オレに投資しろ?

たつき監督、やめるな。