アトモスフィア七十九の双盃

アトモスフィア(atmosphere)とは空気のことじゃなくて雰囲気のこと 日記じゃなく雑記を書き79記事ぐらい続けられれば祝杯

自己流。Twitterの非公式botの作り方と、その運営

ミスドって『たべたい』という欲求よりも、
『買いたい』という欲求が強い。

そしてポンデリングを3つ以上たべると、
アゴが崩壊する。

 

アトです、夜分遅くに失礼致します。

 

 

 


①公式のイラスト、アイコン、画像を一切使わない。
自作絵(または依頼絵)に注力。

 

私が、botをつくるとき
もっとも重要視。こだわる一点だ。

非公式botである以上、非公式に徹する。
権利うんぬんの問題じゃない。
こだわりのレベルである。

 

「そんなの作れっこない!」

 

いやいやいやいや!
そういう姿勢・方針が大切なのである

(やっぱりフォロワー数やRT稼ぎも
もちろん楽しい。気にしすぎる病み要素になる。

botを作る側がいかに楽しめるかも
続けていく上で、核になる要素となる。)

(楽しくするには、工夫やオリジナリティが必要。
やはり、公式絵を使わない方針と
マッチする考え方、だと思っている。)

 

このルールを設けることで、
創意工夫がなされる。

 

正直、非公式botを冠ながら
公式イラストを使うことは、
卑怯とまではいかないにしろ、誰でもできる。

 


(余談だが、非公式botが公式にフォローされる…
という事案が稀に発生する。
フォローでなくとも、リツイートやFav。
目には見えないがROMられている可能性も否定できない。

特に誰にもイラストを描かれにくい、
マイナーなキャラクターほど、
こちら側からイラストとbotという二次創作を行おう。
すると、制作陣の目に留まれば、
愛される…かも。)

(二次創作に寛容な…という表現は好かないな。
自分の絵を認知してくれてる!
…という喜びを、(有名無名問わず)制作者に
味わわせたい、のかな?)

 

 

②なりきりアカウントと非公式botの境界線

 

この線引き。

私の方針は
『ネタづくりのために、リプライに返答する』
のみ。

(言えども、相応のアイコンを持っていれば、
キャラ崩壊、一人称無視を破らない限り、
なりきる必要もないと思っている。)

 

なりきり、つまり手動。

あんまり手を加えすぎると、
偶然の面白さが、起きづらくなる。

 

 

③フォロー返しを、自動で行わない。

 

どんな人にフォローされているか?を
どんな人がリプライをくれるか?を
把握するため。

名前も憶えとく。暗記とかじゃなくて、
それこそ、自分がSNSをやるような感覚でよい
(つぶやくときは、SNS感覚は控える。)

 

 

 

まとめ、と実際につくってみた所感

 

①アイコンは、自作絵にする。あくまでリスペクション。
②なりきりアカウント化させない。
(ネタさがしや、リプライするときはOK。)
③手動でフォロー返しする。

 

 

んでもって自分がつくってみたbot

http://twitter.com/nori_pc

 

4年も前に作った、bot

4年前、『〇〇好きな●●bot』という
非公式botが、ぞくぞくと登場した。

※〇〇には、アニメ・ゲームのキャラクター名
※●●は、格ゲーや音ゲーが入る。

 

たとえば

https://twitter.com/madoka_jubeat
https://twitter.com/kyoko_iidx_bot

両方とも、魔法少女まどか☆マギカ、と
音ゲーBEMANI)の掛け合わせ非公式bot

(手前ミソ、この2アカウントの、
アイコンを描いたのは、わたくしアトです。
勢いでアイコン描いちゃうくらい、好きな非公式bot。)

 

 

その流れに便乗するかたちで稼働させた。
(こういうbotが存在してほしかった。
bot未経験なので、初挑戦となった。
実験的でもあった。)

 

『●●に、ゲーム以外のジャンルでも
非公式botが作れるんじゃないか?』と考えた。

アイディアとは、この要素とあの要素の
組み合わせ、だと言う。

 

正直、音ゲーbot
もう多いし、ネタも被りやすいだろう。

なりきりも被りやすいし、手動なので
飽きたり、ログインしなければ死んだも同然だ。

 

 

今年の5月、もう1個非公式botをつくった。
エロゲーのキャラ。

(このアカウントこそ、公式にRTされて
公式にフォローされたりで、若干ゃ冷ゃ汗・手汗だった。)

(18禁なので一応、伏せる。
でも、えっちなツイートZEROです。
※童貞を罵倒するツイートはあります(白目))

 

 

特にエロゲーなんて、ゆずソフト
ニトロプラスでもない限り
二次創作なんてあまりされない。

 

制作側は、1年ペースで
数うちゃ当たるというか、量産型というか…。
(そんな気持ちで作ってない人もいる)、
たまに、もったいないキャラクターが存在する。

 

購入側も、ツリーとか、お部屋もいいが。
(拡大解釈すれば、アレも創作活動と言ってもよい。
いや嘘、言いすぎた。)