アトモスフィアの双盃

アトモスフィア(atmosphere)とは空気のことじゃなくて雰囲気のこと

キャッシュレスのキャラクター

キャッシュレスを普及させるために必要なもの。親しみをもってもらうための愛らしさ。そんな時代を背負っていくキャッシュレスな仲間たちを紹介するぜ。

 

マスコットキャラクター、イメージキャラクター。

 

 

マイナポイント

 

 

QR・バーコード決済

 

 

共通ポイント

彼らはポイントのキャラクターであるが、これらのポイントが貯まる決済のキャラクターも兼任している。

 

 

電子マネー

 

 

みじか(mijica)、折り鶴(Origami Pay)がいたことを僕たちはぜったいに忘れない。

キャッシュレス決済を作ってみる

TVゲームが好き、というのはプレイをするのが好きということ。さらに思いが高まると「自分も作ってみたい」となる。キャッシュレスへの興味が高まると自分で作りたくなるはずだ。ここまで来ると病気である。

 

 

キャッシュレス決済の作り方

ではさっそく、キャッシュレス決済を作ろう。まずはGoogleで検索する。「キャッシュレス 作り方」で検索。・・・出てこない。このGoogleは壊れている。Yahooも同じだった。

 

 

キャッシュレスの製造元

回り道をする。作り方を学ぶには作っているところを調べればよい。どこが製造しているのか。これは簡単にわかる。大大企業が作っている。Googleも作っているし。GAFAは全員作ってるよね。

しかし言わば副業だ。au PAYはau by KDDIが作っている。auの本業は携帯電話や通信。もっと本業で一途なキャッシュレスが欲しくなった。純度100%、国産、生産者の老夫婦の写真「わたしが作りました」。イメージはそんな感じのキャッシュレスがみてみたいのだ。

 

 

ものづくりと教育

小学校の授業では野菜を作ったり、アサガオを育てたりして情緒をはぐくむ。ものづくりは実践的であり、机の上の勉学とは違った能力が試される。子どもたちもキャッシュレスに触れたり、しくみを理解するだけでは社会で生きていくのは難しい。作ることを学ぶことで賢くなっていく。最近、雑誌「幼稚園」にセルフレジが付録として配布された。この件については重く捉えるべきである。知育の波はすぐそこまで迫っている。

 

 

赤ちゃんとキャッシュレス

そうすると赤ちゃんはキャッシュレスであることになるのはご存知だろうか?そう、マイナポイントである。マイナポイントの真の目的は赤ちゃんにキャッシュレスを紐付けることにある。赤ちゃんは喋ることはもちろん、お金の概念すら知らないうちに、マイナポイントだけは手に入れてしまったのだ。赤ちゃんを産むことはキャッシュレスを作ることになる。マスコットキャラクターがうさぎなのも頷ける。

 

 

iPhoneを用意

コントロールセンターを起動。NFCリーダーを起動。これ使えないかなー?と思っている。自作キャッシュレス決済やキャッシュレス疑似体験のような新しい遊び。

5000円札×富豪論、その逆

5000円札を用いて、社会実験を行いたい。そういう妄想。法的や数学的ではなく、経済的に考えたい。でも経済的に考えるってなんだ?資本主義とか?

 

 

5000円札そのもの。実体について。彼女の存在理由、価値。

 

適当、感覚的、あいまい、常識的に考えて、なんとなく、雰囲気・・・そういったもの一切合切除外した5000円札のことについて考えたい。数値、具体的、結果・・・といったものを扱う。

 

5000円札を財布に入れておくと、お金持ちになるらしい(要検証)。ググるとちょっと出てくる。1万円札ではダメで、1000円札でもダメという。

 

ならば。

その逆だ。5000円札を財布に入れさせないようなアクションが多発したときのシミュレーションをしたい。そうすると国民は貧民になるのではないか?という仮説。5000円札の入手が困難になるように、社会がそちら側に傾いたときの1個人の年収が変動する??具体的な数値が年収しか思いつかない。幸福度?GDP

 

5000円札が財布に入っているor入っていない状態」なのは消費者側である。では消費者の対義語。生産者、供給者・・・ものを販売したりサービスを提供する人たちは富豪になる?基本的にレジの中身のお札とコインらはサイクルされているのが基本だ。このサイクルを緩和したり一極させたりするとどうなるだろうか。

 

両替を求める人は実質的に貧民になっているとも考えられる?逆に1000円札5枚を5000円札に両替すると富豪になれる?数値的には一緒の5000円札と1000円札5枚。5000円札を持つことで富豪になれると仮定するなら、1000円札5枚を持つと貧民になることを証明したい。

 

日本円以外の海外のお金、ビットコインなどはここでは考えないとする。専門外、適当にググって。


1000円札9枚が入った財布と、5000円札1枚&1000円札4枚の入った財布を用意する。

  1. 「どちらが欲しいですか?」というアンケート調査をする。5000円札の方に票が集まれば、そちらの方が価値が高いと言える?
  2. Aさんに1000×9、Bさんに5000+1000×4の財布を渡してショッピングしてもらう。その買ったものの傾向や金額を分析する。

 

Google検索で「両替 損」と検索しても私の求めている答えが出てこない。検索結果は、両替"手数料"で損をしない方法、もしくは"外貨"の両替についての損得など。違う。100円玉を50円玉2枚に両替したときの損得について。損もしないし得もしない?いやいやだからさ!!数値的には変わらないのだが、5000円札×富豪論を肯定したとしたら、損か得かを知りたいのだ。Google先生おしえてよ、答えてよ!!!!

 

諦めない。マイナス検索をするとこうなる。「両替 損 -手数料 -外貨 -メキシコ -ロンドン -ドル -海外 -バーツ -マレーシア -ペソ -レート」ここまでくると、やっとちょっと近い検索結果になった。

 

キャッシュレスという地下を掘り起こすと、いろいろ湧いて出てくる。財布を持たないウォレットレスは大富豪?PayPay残高5000円は平民?大貧民は?革命や、都落ちは起きるのか。

小中高大の図書室を憶えているか

あらためて考えていく。ここで大事なのは「室」であることで「館」はダメである。

 

 

 

小学校の図書室

たしか高いところにあった気がする。窓から街の様子が見えた。

あんまり本を読みに訪れた記憶がない。非常にもったいないことをしている、いますぐタイムリープをしてみた方がいいんじゃないかと不安で発狂しそうになる。

代本という板の概念があった。新学年になる4月に、上履きや筆記用具などの名前を変更する作業がある。その中に代本を書く作業があった。本を1冊も借りないような子どもにも代本が用意されていたのだ。

 

中学校のやつ

3Fの隅にあった気がする。盲点な教室である。

あんまり訪れた記憶はないが、入り浸っていた記憶がある。友達と本も読まずに、騒がない程度に集まっていたような。

ブラックジャックはだしのゲンが全巻あった。これらの漫画はどうやら教育によいもののようである。ギネス記録をまとめた大判本もあった、重量のある本。

 

高校のやつ

3Fにあった気がする。学校の図書室、高い階に設置しがち。これは学年の拠点部が年齢と階数に比例してあるためである。学校によっては高学年を優遇し、入り口から近い階を最高学年にしているところもある。それは効率厨である。低学年は足腰を鍛えられ、教師は低学年の授業を担当したくなくなる。偏見。

ラノベが置いてあった。ハルヒは教育によい。

例外なくあんまり訪れなかった。文化祭では古本市を主催していた、タダではないが集まったお金は募金かなにかで社会に還元していたと憶えている。

 

 

大学の

1Fにある。街の図書館をも凌駕する広さと蔵書数を備えている。一般開放もされており、居心地もよく、閉館時間も遅め。古本市ではボロボロの本がタダでもらえる。非常にありがたい。

 

 

最近、ミヒャエル・エンデのモモを読んだ。

この本はたいていの図書館には数冊置いてあるメジャーな本である。児童書のコーナーにあるもので、あまり行かない方面の棚においてあり驚いた。本の中身をみると、児童にわかりやすい文とは言い難い、送りがながほとんどついてある。

「泣く」にすら泣(な)くである。啼くでも哭くでもないのに。これについてはこの本が1970年代に翻訳され出版されたことが影響している。平成の人間は小学四年生で習う簡単な漢字だが、1989年より過去の小学生はもっと遅くに習う漢字だった。そういう事情も影響しているのか、送りがながめちゃくちゃある。小学生が逆ギレしちゃう。「それくらい読めるよ!!!!舐めないで!!!!!!」

岩波書店はそんな小学生の気持ちを慮るべき。今の漢字、読めたかな?ぱからっぱからっ。🐴

 

小学生がこの本を読んだらどうなるか考えてみる。微妙なのかもしれない、えーーー普通そうじゃね〜?みたいな。小学生は時間をたくさん持っていると思う。

自分と小さい年齢の人と話をするとき(1、2歳の差ではなく)、自分の時間という概念と対話者の時間の概念はどうなっているか?考えながら話していると自覚することがある。