アトモスフィア七十九の双盃

アトモスフィア(atmosphere)とは空気のことじゃなくて雰囲気のこと 179記事ぐらい続けられれば乾杯

"デザイン"商法

車に乗って、カーステレオを再生させないと
いろいろなことを考えてしまう。

 

明快なアイディアがひらめく?
考えすぎて、病んでしまう?

 

3年以内に車生活は廃止する目標だ。

免許を持ったまま、地下鉄のある都市が近くにある
郊外に暮らす。
未来予想図、ありますか。私は、無いですの。

 

アトです。予約投稿からこんにちは。

 

 

 

 

デザインを施すと、
売り上げが伸びる商法

 

…それは単なるマークティングである。

 

 

例えをひとつ。

かの有名な、長岡技術科学大学

 

…の近くにある長岡造形大学

悪しき、である。

 

なにが!

デザイン商法が!!

 

 

ちなみにそのブランディング…なんていうと
聞こえが良い。
マーケティングか商法の間違いだ。

 

ちなみにそのブランディングも新潟のデザイナーが
考えた。悪しきデザイナー。
戦犯デザイナーズ。

 

そりゃあ、入学者は増える。
お買い得なんて言葉もある。

 

でも『造形』がとっても可哀相である。

 

 

 

デザインの同義語に、
哲学がある。

 

デザインに正解はない。

大学にも専門学校にもデザイン書籍にも
書いてない。なぜ書かないんだよ。

 

 

デザイナーの卵、目指そうとする者。
学生や新卒は、デザイナーになろうとする。

なろうとするのが間違いだ。
なろうと、行動を起こすのが、
その行動は全て間違いなんじゃないか?

 

くれぐれも、デザインが好きとか、
興味があるとか。
ちゃんちゃらである。

 

 

 

デザイン系の書籍を読むのを
もう辞めた。

 

理由は、自分が、俯瞰してしまったからだ。

(いるよね、クラスにああいうやつ。
Enjoyしている奴らの輪に混じらず、
遠くで1人 嘲っている人。
内心バカにしてやがんだ。)

 

バカにしたというよりかは…。

 

デザインの実用書を読む。
それもデザイナーに近づく要素ではある。
遠ざからないし、そうやって培ったものもある。

 

デザインノート(ロゴタイプ、キモくなったよね)、
MdN、広告批評、CG WORLD、日系デザイン、
ブルータス、POP EYE、

 

雑誌は、どれも勉強になる。

 

 

 

もしも、デザイン系の専門学校に行くと、

アート系の教師はムカつかない教師が多い。
デザイン系の教師はムカつく方が多い。

 

これは、デザインの教師が

『まるで答えを導き出したような態度に腹が立つ』

 

…という理由。

なんだコイツ。

 

 

 

情報環境学部の環境デザイン学科。

 

情報とか、環境とか、デザインとか。
何を学びたいんだ?

 

 

嫌いなデザインについて考えるとよい。

私は実態のないことを矛に行う、デザイン商法がキライ。